joe dassin

joe dassin

Champs Elysées - ZAZ ( PARIS )

3d ago
SOURCE  

Description

フランスのシンガーソングライター ZAZ (ザーズ) のサード・アルバム『 PARIS ~私のパリ~」は、プロデューサーにクインシー・ジョーンズ ( Quincy Jones ) を迎え、ビッグバンドサウンドにサポートされたシャンソン・フランセーズの名曲集で、この曲は、1970年代のフランス・ポップス界で大ブレイクしたアメリカ生まれのフランス人男性シンガー・ソングライター、ジョー・ダッサン ( Joe Dassin, 1938~80 )の代表曲です。 原曲はイギリスの「ウォータールー・ロード ( Waterloo Road )」で、作詞はマイク・ウィルシュ ( Mike Wilsh ) 、作曲はマイク・ディーガン ( Mike Deighan ) です。 「ウォータールー・ロード」とは、ロンドンにある通りの名前で、パリのシャンゼリゼのようなものです。 それで、この曲のフランス語訳詞を依頼されたピエール・デラノエ( Pierre Delanoë )は、曲のタイトルを「シャンゼリゼ Champs Elysées」に決めました。 ZAZが歌う「Champs Elysées」のアレンジは、音楽家のジョン・クレイトン ( John Clayton ) が担当しました。 Third album " PARIS " of French singer-songwriter ZAZ is the anthology of chanson Francaise, which is supported by the big band sound that celebrated the Quincy Jones as the producer. This song is representative song of French male singer-songwriter Joe Dassin (1938-80) who was born in the USA, he had big broke through the kind of popular music in France called " French pops " in the 1970s. Original song is " Waterloo Road " in the United Kingdom, the lyrics were written by Mike Wilsh, and music was written by Mike Deighan. The "Waterloo Road" is the street name in London, it is like a Champs Elysees in Paris. So Pierre Delanoë which was asked to translate French decided this song title as " Champs Elysées ". This " Champs Elysées " that ZAZ sang was arranged by musician John Clayton.