Message sent! Check your Phone

Staff Picks

Staff Picks

福山雅治 新曲「誕生日には真白な百合を」フル PV 歌詞 MV LIVE

1y ago
SOURCE  

Tags

Description

アーティストの福山雅治が、初めて自身の両親のことを歌った渾身の作品「誕生日には真白な百合を」が、TBSで来年1月13日(日)にスタートする新ドラマ、日曜劇場『とんび』の主題歌に決定した。  ドラマのために書き下ろされたというこの楽曲。番組プロデューサーの石丸彰彦から「故郷に帰りたくなるような曲を」という依頼を受け楽曲作りに着手。福山は「自分の母親であるとか父親に対しての想いというのは、どこかで作品にしたいなと思っていたので、なんとか照れずに、なるべく照れずに頑張ろうと思って書きました」と話し、「離れていてもできる愛情表現を歌にした」と、楽曲へ込めた思いを語っている。  そして書き上げられた「誕生日には真白な百合を」は、自身の誕生日に毎年母親に花を贈っているという福山の感謝の気持ちがタイトルにも現れており、プロデューサーの石丸も「主題歌を初めて聞いた時、“ぞくっ”ときた後に“じわっ”と福山さんが紡ぐ世界が広がっていきました。ストレートな曲を作っていただき純粋に嬉しかったです」と絶賛している。  ドラマ『とんび』は、主演の父親・ヤス役を内野聖陽が、またその息子・アキラ役を佐藤健が、そしてヤスの妻役を常盤貴子が演じ、直木賞作家・重松清のベストセラー作品を原作に、どうしようもなく不器用な父親が、ただ一つ、精一杯息子を愛した30年の物語が紡がれていく。