the magnificent seven

the magnificent seven

荒野の七人 語り継がれたヒーローたち。あの、勇壮な姿を・オリジナル・サントラ

7h ago
SOURCE  

Description

「荒野の七人」と云えば、黒沢監督の「七人の侍」だけれど、私は 「荒野の七人原題: The Magnificent Seven・監督はジョン・スタージェス・1960年・ユナイト映画」を観た後に「七人....」を観た。1960年は、アメリカのTV映画でお茶の間が埋まった年代だ。ホーム・ドラマから、コメディー。そして、アクションに西部劇。多くのスター達が登場したけれど、この「荒野の七人・原題: The Magnificent Seven」に出演した主人公達は現在まで印象に強く残っている。七人のリダー的存在のユル・ブリンナーは「王様と私」で加山さん世代の皆さんにはお馴染みのスターだ。 さて、私たちは、そう、「拳銃無宿」のスティーブ・MQ。「ナポレンソロ」のロバート・ボーン。「アラスカ魂」のホルフト・ブッフホルツにジームス・コバーン」。 シナトラ一家からは、仲間から去ったはずなにの、七人の中では最初に犠牲になる、イーライ・ウォラック....。あれ、寿司を食べなければ。 忘れていたのではありませんよ。そうです、「カメラマンコバック」のチャールズ・ブロンソンであります。TV映画の主人公達は大型画面のスクリーンに移行して、思い切り暴れます。この映画のヒットでユナイト映画は、同様のキャスティング意図で「大脱走」を公開します。PS・アルカイラ楽団のギターをフィチャーしたテーマ曲「荒野の七人」も、忘れがたい。