immune system

immune system

免疫療法によるがん治療の基礎知識 - 1/2

9h ago
SOURCE  

Description

現在のがん治療は、「手術」「放射線」「抗癌剤」「重量子線」といった化学的治療が主に行われています。これらのがん治療は、活発に活動しない、いわゆる「まとまった動かない癌」には、大変、有効な治療です。しかし、がん特有の活動、いわゆる「転移」= 体の違う場所に移動する・「変異」= 細胞の特性を変化させ抗癌剤に耐性をもつ、いわゆる「活発な癌」には化学的治療は効果が期待できません。 そこで、別な治療法として、健康な体が本来持っている自然の免疫力を応用した治療法=免疫細胞療法が開発されました。 もともと体内には、どんながん細胞でも狙い撃ち、破壊する免疫細胞である「生まれながらの殺し屋」ナチュラルキラー(NK)細胞がいます。しかし、がんはNK細胞の活動を抑えています。 そこで、NK細胞を体の外に取り出して培養し、増強してから体内に戻すことでがん細胞を破壊するのが「ANK免疫細胞療法」です。 「ANK免疫細胞療法」事態は、既に20年以上前から技術的に確率された治療法で、決して新しい治療法ではありません。 しかし、医療技術の視点で考えた場合、既存の治療法と比べると、まだまだ歴史が浅く、一般の人にも認知されていない治療法でもあります。そのため、正しい知識が伝っておらず「免疫細胞療法」を唄った、怪しい治療も世間で横行しています。 これら間違ったニセの「免疫細胞療法」に惑わされないためにも コチラの映像を始め、リンパ球バンクのYouTubeチャンネルにある関連動画をご覧いただき、正しい「免疫細胞療法」の知識を身につけて、ご自身で判断できるようになってください。 http://www.lymphocyte-bank.co.jp/ リンパ球バンク株式会社 映像元 : 「 再発・転移する がんと闘う」 著 者:リンパ球バンク 発 行:日経BPコンサルティング 発 売:日経BPマーケティング ↑ の書籍では、再発・転移するがんに対応する方法を、オールカラーの図版と付録DVDの3次元CG動画で、わかりやすく解説しています。 書籍のご購入は http://www.amazon.co.jp/dp/4864430071/