energy generator

energy generator

夏休みの工作 自由研究 空き缶スターリングエンジン

4d ago
SOURCE  

Description

小学生の夏の課題 ...と言えば、読書感想文と自由研究ですよね^^; 小学4年の夏休みの自由研究としてお父さんと一緒に空き缶でスターリングエンジンを作りました。 スターリングエンジンは空気が温度差でふくらんだり、ちぢんだりするのを利用して動く簡単な仕組みのエンジンです。 動画の中で缶の横から生えている煙突みたいな部分の白いゴム(ゴム手袋の親指です^^;)がふくらんだり、ちぢんだりしてピストンのように上下に動いているのが見えると思います。 この上下運動の力で軸を回転させています。 熱源は火や太陽の光、昼の熱い屋根やポットのお湯などの熱、逆に冷たい水や氷など温度差を作れるものなら何でもOK! うまく作れば手のひらの温度でも動かせるほど手軽でとってもクリーン♪ もちろん発電機としても使えるので、ソーラーパネルと並んで まさに省エネ時代の今にぴったりだと思いチャレンジしました。 初めは手のひらの熱で動いて発電までできるものを目指しましたが上手くいかず、アルミ缶を使ってロウソクの熱で動くタイプにたどり着きました。 カッターや千枚通しなどのちょっと危険な道具も使うのでお父さんのパワーもフル活用しました^^; 失敗しては作り直してを繰り返して初めて動いたときはすごく感動しました♪ 工作するだけでなく、自由研究っぽくエンジンの動く仕組みや作り方、工夫したアイデアなどもまとめて作品にしました。 can stirling engine free energy generator science fair ideas research project