capital punishment

capital punishment

ここがヘンだよ日本人 死刑制度

4h ago
SOURCE  

Description

未成年の死刑  少年法51条1項および児童の権利に関する条約37条により、18歳未満の年齢で犯罪行為を行った少年に対しては死刑に処することができない(死刑相当の場合は無期懲役が下される)と規定されており、これまでは、少年法が適用される20歳未満の者についても死刑判決が回避される傾向にあり、前述の永山基準の枠組みでは誰が見ても死刑以外に選択肢がない場合だけ死刑ができるという基準であった。  しかし、光市母子殺害事件の最高裁判決は「特に酌量すべき事情がない限り死刑の選択をするほかない」とし、犯行時18歳であっても「年齢は相応の考慮を払う事情であるが、他の基準と総合判断する一事情にすぎない」という新たな判断の枠組みを提示した。  現在、死刑囚は128名とされる。