asian art

asian art

TPAM Co-Production | Asian Artist Interview | Fitri Setyaningsih

4mo ago
SOURCE  

Tags

Description

フィトリ・スティヤニンシ(インドネシア) 撮影日 : 2014年11月11日(火) 撮影都市: ジョグジャカルタ 撮影場所: 自宅 【プロフィール】 インドネシアのジャワ島中部、スラカルタ市にある国立芸術学校を卒業。ジャワ舞踊を学んだ後、2000年以降はコンテンポラリーダンスの身体を批判的に問い直すような、多種多様なスタイルを折衷した身体の獲得を目指す。現在彼女はダンスと美術、そしてパフォーマンスアートの間を何の区別もなく行き来し、「ダンスは単に動きの出来事ではない。ダンスは身体を中心軸にした日常の出来事になろうとしている」と宣言する。この考え方をもとに、フィトリは日常生活の動きやモノを使って作品を作っている。2011年にはTEMPOという週刊誌で、インドネシアで「もっとも影響力のあるアーティスト」のひとりに選ばれ、またクロラ財団から「女性アーティスト地位向上」のコミッションを受けて2年間で2作品を制作した。そのうちのひとつ、『ビンタン・ヘニング(静かな星)』(2011)は2014年秋にヨーロッパをツアーした。彼女はたった今、韓国光州アジア・アーツ・センターの委嘱作品を完成させたところだ。 Fitri Setyaningsih (Indonesia) Date: 2014/11/11 Tue. City: Yogyakarta Place: Fitri’s house [Profile] Fitri graduated from one of the national arts academies, known as the Institute of the Arts in Indonesia in Surakarta, Central Java. She firstly trained in Javanese dances but later develops a body of eclectic works that critically questions the body in contemporary dance since 2000. She now moves seamlessly between dance, visual- and performance arts, boldly stating that “dance is not only an event of movement, but moving towards becoming a medial event with the body remains at its central axis”. With this idea, Fitri integrates daily life movement and objects. She has been awarded as one of the influential artists in Indonesia by TEMPO weekly newsmagazine in 2011 and a recipient of Empowering Women Artists commission from Kelola Foundation which enabled her to create two choreographies in two consecutive years. One of this work, Bintang Hening (A Tranquil Star, 2011) toured to Europe in Fall 2014 and she just completed a commissioned work from the Asian Arts Theatre (AAT), Gwangju. +++ インタビュイー:フィトリ・スティヤニンシ インタビュアー:塚原悠也 撮影・編集:松見拓也 通訳・字幕(日本語):横須賀智美 字幕(英語):ジェームス・ケティング プロジェクト・リーダー:中村茜 プロジェクト・マネジメント:奥野将徳、羽鳥嘉郎、樫村有紀 Interviewee: Fitri Setyaningsih Interviewer: Yuya Tsukahara Video editor: Takuya Matsumi Interpreter, Translater(Japanese): Tomomi Yokosuka Translater(English): James Koetting Project Leader: Akane Nakamura Project Management: Masanori Okuno, Yoshiro Hatori, Yuki Kashimura