alan lomax

alan lomax

The House of the Rising Sun Rising Sun Blues 朝日のあたる家 (Karaoke) Piano Jotaro Takahashi

1d ago
SOURCE  

Description

お聴き頂きまして誠にありがとうございます。m(__)m 朝日のあたる家 The House of the Rising Sun Rising Sun Blues/ 作詞作曲者不詳 「朝日のあたる家」(あさひのあたるいえ、英: The House of the Rising Sun)は、アメリカ合衆国のトラディショナルなフォーク・ソング。Rising Sun Bluesと呼ばれることもある。娼婦に身を落とした女性が半生を懺悔する歌で、暗い情念に満ちた旋律によって注目された。"The House of the Rising Sun" とは、19世紀に実在した娼館、または刑務所のことを指すという説があるが、確証はない。「朝日楼」とも表記する。 起源と初期のバージョン 多くのトラディショナルなフォーク・バラードと同じく作者不詳である。1930年代には原型と見られる録音がいくつか残されている。現存最古のものはクラレンス・アシュレイ (Clarence "Tom" Ashley) らが1933年に録音しており、アシュレイはそれを祖父から教わったものだという。また、アメリカ議会図書館のアーカイブ・オブ・アメリカン・フォーク・ソング (Archive of American Folk Song) の研究員アラン・ロマックス (Alan Lomax) が収集した音源に、1937年9月15日にジョージア・ターナー (Georgia Turner) という16才の少女が歌った "The Risin' Sun Blues" が録音されている。その後、1941年にウディ・ガスリー、1948年にレッドベリー、1960年にジョーン・バエズがレコーディングを残している。元々はメジャー調だったものを、ジョシュ・ホワイトがマイナー調にアレンジして演奏した。デイヴ・ヴァン・ロンク(Dave Van Ronk)も1960年代初頭、ロマックスの音源に自らのアレンジを加え自身の重要なレパートリーとしていた。