7 days

7 days

「7日分のごみ」に埋もれるアート、米国 "7 days of garbage": pictures of Americans lying in their trash

3mo ago
SOURCE  

Description

米ロサンゼルス(Los Angeles)の写真家グレッグ・シーガル(Gregg Segal)さんは、一般のアメリカ人が自分たちの出した1週間分のごみの中で横たわる姿を撮影する。「7日分のごみ(7 days of garbage)」と題したこのシリーズは、人の活動で排出されるごみの量について注意を喚起しようというもの。(c)AFP 2014年12月30日 UNITED STATES, Los Angeles : Photographer Gregg Segal takes pictures of ordinary Americans lying down in the trash they generate over the course of a week. The series entitled "7 days of garbage" aims at raising awareness of the amount of trash resulting from human activity. チャンネル登録はこちらから https://www.youtube.com/user/afpbbnews 動画のお問い合わせはこちらから https://www.afpbb.com/list/helpaboutsite/regist